ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です! 糟屋郡須恵町の新原墓地にて、追加彫刻、文字色の入れ替え、目地の入れ直しとお墓のクリーニング等の工事を行いましたので、ご紹介いたします^^

施工前後のようす

糟屋郡須恵町 新原墓地 追加彫刻・文字色の入れ替え・目地の入れ直し・クリーニング等

 

ご相談いただいた経緯とお墓の状況

糟屋郡須恵町の新原墓地にお墓をお持ちのお客様からご連絡をいただきました。新原墓地は、20年ほどまえに地域の皆さんで使われていた墓地を当店にご依頼いただいて、整備をさせていただいた墓地です。そのころにお墓を建立させていただいたお客様からお電話でご連絡をいただきました。お父様お母様と、その娘さんご夫妻で、ご建立の当時からお世話になっているお客様です。

 

こちらがご相談のお墓です。同じ敷地内に二つの家のお石塔が並ぶ形のお墓です。このたびご家族様が亡くなられたということで追加の彫刻のご依頼をいただきました。

 

お客様は他にも、文字彫刻の金箔が劣化しているので、何とかならないかなと気にされていました。建てられてから20年ほど経ったお墓ですので仕方ないことではあります。

 

お墓の方を詳しく確認すると、石と石の継ぎ目の目地が劣化して取れているところもあります。このままでは隙間に水が入り込んでしまう状態です。

 

家紋部分もずいぶん金箔がはがれているのが分かります。金箔の下地のカシューという黄色い塗料が見えているところもありました。

 

追加彫刻をする墓誌も、額字部分は金箔が入っていました。

 

入り口横の置き灯篭の土台にあたる門柱の前面に、蓮の花の彫刻がありましたが、こちらも細かいところは金箔がはがれていますね。

お墓の文字の金箔は、環境にもよりますが、だいたい20年前後で劣化が始まります。ですので、20年から30年に1回、ひと世代に1回は貼り替えるのがおすすめです。
 

金箔の入れ直しに関する記事

●糟屋郡宇美町の隆照寺様にて、彫刻部分の金箔の入れ直し。15年から20年に一度の入れ直しがおすすめです!
●遠方にお住まいのお客様のお墓の色の入れ直し。金箔から白色へ、福岡市立平尾霊園11区
●糟屋郡志免町吉原の地域墓地にて、金箔や文字色の入れ直し。お墓の由来を記した、佐賀県産天山石のお墓
●福岡市営三日月山霊園にて、山口県産徳山石でできた五輪塔タイプの先祖墓を、地上式納骨室のお墓にリフォーム。20数年前に改葬をお手伝いさせていただいたお客様
●福岡市南区の塩原墓地にて、戒名彫刻と金箔入れ直しが完成しました。ホームページよりお問合せ、お電話やメールでのお打ち合わせ
●お名前の追加彫刻と、家紋・墓誌彫刻の金箔入れ直しが完了。約3坪の大きなお墓、須恵町地域墓地にて
●全面的な墓石クリーニングと目地入れ、コンクリート補修が完了。福岡市博多区にて

 

納骨室の石貼り部分です。こちらも目地のシリコン剤が劣化して硬化してしまっています。今回は、追加彫刻をするこの機会に、金箔や目地の劣化についても合わせて補修を行うことになりました。

 

工事完了です!

工事が完了しました!

今回は、追加彫刻、文字色の入れ替え、目地の入れ直しとお墓のクリーニング等の工事を行いました。

 

文字の色は、金箔から黒色に入れ替えました。正面文字、墓誌の額字、家紋など、すべて黒色に替えています。金箔よりも費用を抑えられることもあり、今後のメンテナンスを考えて、この機に黒に替えることをご希望いただきました。また、両家のお墓を隙間なく中央に寄せて位置を調整しました。以前はそれぞれにあった花立や香炉もひとつにまとめ、一度にお参りができるようになっています。

 

お石塔の下の上台部分です。劣化していた目地剤をきれいに取り外してからきれいにクリーニングをし、最後に防水シリコンで目地を入れ直しました。

 

家紋です。色の入れ替えは、一旦金箔とその下地をきれいにはがして表面をきれいにしてから、新たに黒色を入れ直します。細かいところもくっきりと見えるようになりました!

 

墓誌の額字も黒に替えました。亡くなられたご家族様のご戒名も追加で彫刻しました。

 

門柱の蓮の花の彫刻も色を入れ替えました。花びらの細かい部分まで、はっきりと見えるようになりましたね! こちらの目地もきれいに入れ直して仕上げました。

 

納骨室下から貼り石部分も、全て目地を入れ直しています。クリーニングで汚れもとれたので、とてもすっきりとしています。

 

工事を終えて・・・

納骨室内の洗浄もさせていただきました。クリーニングと色の入れ替えでお墓全体がすっきりとして、石の色合いも明るくなったようです。お客様はたびたび現場にもお越しくださって、工事の様子も見守っていただきました。完成後は、細かい点などをご説明しながらお引き渡しもさせていただき、ご納骨まで無事に終えられました。建立に引き続き、またお声かけ頂いてありがとうございました。今後も何かお困りのことなどございましたら、どうぞいつでもご連絡ください!

今回は、約20年ぶりのお墓の全体的なメンテナンスとなりました。お墓自体は何の支障なく、この先も安心してお参りいただける状態ではありましたが、やはり文字の色や目地などはどうしても劣化してしまう部分です。また、長い時間で普段のお掃除では取り除くことのできない汚れも付着してしまいます。今回、文字の色の入れ替えや目地の入れ直し・クリーニングなどの全体的なメンテナンスで、建立当時と変わらないくらいのきれいで明るいお墓を取り戻すことができました! こうして何年かに一度(追加彫刻の機会や、気になることがあった際でも構いません)、少しずつメンテナンスをすることで、長く安心して、気持ちよくお参りいただくことができます。

今回お声かけいただいた新原墓地は、須恵町の方が利用できる地域の墓地です。年に数回は、建立や修理など、色々なご相談をいただいています。何かお困りのことなどございましたら、いつでもお気軽にご相談ください^^

 

須恵町でのお墓工事に関する記事

●思いのこもった彫刻を施した、G654長泰(グレー御影)のご両家墓が完成。金箔文字の存在感あるお墓、糟屋郡須恵町新原の新原墓地にて
●糟屋郡須恵町の南米里墓地にて、お墓の建立をさせていただきました。G654グレー御影、細部までこだわった豪華で美しいお墓
●糟屋郡須恵町の地域墓地にて、中国産G623白御影石のお墓が完成。ご要望を叶えた、シンプルでコンパクトなお墓
●博多霊苑に、インドM10黒御影、1.28平方の素敵なコンパクトデザイン墓が完成。お世話になっている方からのご相談
●須恵町のお寺様墓地で、洋型墓石部分、墓誌の取り外しと処分が完了。兵庫県にお住まいのお客様、メールやお電話でのご対応
●お名前の追加彫刻と、家紋・墓誌彫刻の金箔入れ直しが完了。約3坪の大きなお墓、須恵町地域墓地にて