ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です! 福岡市博多区にて、全面的な墓石クリーニングと目地入れ、コンクリート補修が完了しました。その様子をご紹介いたします^^

hakata_blog1029-2

 

お客様は、2005年の福岡西方沖地震の際に当店にてお墓の修理をさせていただいたことがご縁で、長いお付き合いをさせていただいております。同じ墓地内にある、ご親戚様のお墓を昨年クリーニングさせていただいたのですが、ご覧になったお客様より「うちのお墓も綺麗にしてもらいたい」というご相談をいただきました。

ご依頼を受け、現地に確認へ行きました!

施工前のお墓です。昭和初期に建てられたお墓で、とても立派なお墓です。大切にお守りされてきたお墓ですが、長い年月で付着してしまった水垢や黒カビなどは、普段のお掃除ではどうしても取りきれない汚れが目立ってきてしまい、お困りでした。

 

こちらは納骨室の扉部分です。こちらも汚れがとてもひどく、納骨室内部も汚れがひどいため(暗くてお写真はうまく撮影できませんでした)、内部の洗浄もご希望されていました。また、南京錠の取り換えもご希望されていました。

 

階段下のコンクリート部分も汚れてしまっています。そしてヒビ割れが各所に見受けられましたので、この部分も修理をしたいというご要望をいただきました。全てコンクリートを打ち直すには、お客様のお墓が大きく、とても費用がかかってしまうため、部分的に補修をすることになりました。

お客様のご希望を叶えられるようさまざまなご提案をさせていただき、その中から今回、全体的なお墓のクリーニング、納骨室内部の洗浄、目地の補修、コンクリートのヒビ割れの補修、お墓の文字の金箔の入れ直し、を行うことになりました。

 

お墓の修理・リフォームが完成しました!

 

長い時間で不着した水垢や黒カビが除去され、従来の石肌・色がしっかりと見えるようになりました。

 

hakata_blog1029-3納骨室の扉部分も、このように綺麗になりました! 扉部分の周辺は、石肌を磨いていない、本来の石肌を見せる加工のため、黒ずみがとても付きやすくなります。長年の汚れがたまり、真っ黒になってしまっていましたが、専用の薬剤を使用し、汚れを溶かして落とし、とても綺麗になりました。また、石と石の継目である”目地”も補修しています。

 

hakata_blog1029-4お墓の階段部分の土間コンクリートは、長い年月が経ち、沈下してしまって縁石との間に隙間が空いてしまっていました。そこで、コンクリートを3~5㎝程度切り、新しくコンクリートを補充し、縁石との間の目地部分もしっかりと補修しました。

 

矢印の部分は隙間が大きく、お墓の目地の補修に使用する”目地シリコン”では対処できないため、目地セメントにて補修いたしました。

 

お墓の構造上、角が多いため、この部分はとても汚れが溜まって黒ずみやすくなりますが、このように綺麗に仕上げることができました!目地も補修していますので、以前よりも汚れが付きにくくなる効果も期待できます。 お墓は国産の徳山石でできていたのですが、今回クリーニングをして石肌がきれいに出たことで、建てた頃の輝きを取り戻しました^^

 

棹石(仏石)の部分も綺麗にクリーニングをし、彫刻部分は金箔がほとんどはがれてしまっていましたので、新しく入れ直しました。

 

縁石とコンクリートのヒビ割れ部分です。ある程度の強度を出すため、ひび割れているコンクリート取り除き、しっかりとコンクリートを補充しています。

 

お墓の階段部分も、納骨室の扉周辺と同様に、石肌を磨いていない、本来の石肌を見せる加工のため石塔の部分よりも更に汚れやすくなってしまいますが、その部分もこのように綺麗になりました!

 

今回の修理・リフォームにて、お墓の隅々まで綺麗にすることができたことで、お墓のお掃除やお手入れもしやすく、そしてヒビ割れ、沈下して隙間の空いてしまっていた土間部分もしっかりと補修することができ、安心・安全にお参りいただけることと思います。

お客様やお客様のご親戚の方にも、追加の彫刻があったり、お墓のお困り事がある度にお声をかけていただき、本当に感謝しております! 真心込めた、丁寧なご対応で今後も喜んでいただけるよう邁進して参ります! お客様は大変お忙しく、立ち合いは無しで施工完了まで迎えましたので、仕上がりのお写真を郵送しています。次にお参りをされる際に、実際にお墓を見てお喜びいただけるのを楽しみにしております^^