福岡市立平尾霊園にて、お墓のズレ修理、金箔の入れ直し等。樹木の撤去や透水性土間舗装での雑草対策で、管理しやすいお墓に


ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です。福岡市立平尾霊園にて、お墓の玉垣のズレ修理や、樹木の撤去、透水性土間舗装での雑草対策等をさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

施工前後のお墓のようす

【福岡市立平尾霊園 ズレ修理、樹木の撤去、透水性土間舗装での草対策等】

 

ご相談いただいた経緯とお墓の状況

福岡市立平尾霊園にお墓をお持ちの方からご相談をいただきました。ホームページをご覧になってお電話をくださり、ご一緒にお墓を確認させていただきました。

 

こちらがお墓の様子です。入り口階段の両脇には大きく成長した植木があります。かなり成長しているので、角度によってはお墓が見えないくらいです。

 

入り口階段からお墓に上がる際は、こんな感じです。植木が階段部分に少しはみ出してきているので、引っかかったりすることもあるかもしれません。

 

お墓本体も、確認のためにお写真を撮ります。金箔はとれてしまっていました。当初は入れ直しはご希望ではありませんでした。

 

花立です。お客様は特におっしゃっていませんでしたが、少し傾きが見られました。お客様のお悩みの一つには、お墓の土間部分の雑草のお手入れもありました。雑草対策として土間を舗装する場合は、これもきちんと直しておく必要があります。

 

墓誌です。額字部分は金箔を入れてあったようですが、ほとんど取れてしまっています。

 

こちらはお墓の玉垣部分です。お墓手前の植木のすぐ奥の位置なのですが、このように石がずれてしまっていました。お客様も心配されていました。おそらく、2004年の福岡西方沖地震の影響と思われます。ずれているこの部分だけでなく、支えている柱が回転しているなどお墓全体の玉垣に不具合が見られたので、一旦取り外してきっちり据え直しをする必要があります。

 

土間部分は、お手入れをされているので多くはないものの、お墓のいたるところに雑草が生えているのが分かります。こちらは、草取りの手間がいらない形の土間舗装をご希望になりました。

 

後方です。建立年月や建立者の方のお名前も、他の部分と同じように金箔がとれてしまっています。

お墓の確認を終えてお客様とお話した結果、玉垣のズレ修理に合わせて、お墓の樹木の伐採と雑草対策をさせていただくことになりました。工事内容のご説明やお見積りを差し上げて、工事に取り掛かりました。

 

工事が終わりました

工事完了です!!

階段横の樹木を撤去したので、入り口周りがとてもスッキリしましたね^^

 

石塔正面の文字は、最終的には金箔を入れ直しました。当初はご希望いただかなかったのですが、工事を進めてお墓がきれいになるにつれ、「やっぱり金箔も入れ直してほしい」とご依頼をいただいたので、正面文字・香炉の家紋の金箔を入れ直しました。お墓そのものも簡単に水洗できれいにしています。
 

お墓の金箔の入れ直しに関する記事

●糟屋郡須恵町の新原墓地にて、追加彫刻・文字色の入れ替え・目地の入れ直しとお墓のクリーニング等。20年ほど前に建立いただいたお客様
●糟屋郡宇美町の隆照寺様にて、彫刻部分の金箔の入れ直し。15年から20年に一度の入れ直しがおすすめです!
●糟屋郡志免町吉原の地域墓地にて、金箔や文字色の入れ直し。お墓の由来を記した、佐賀県産天山石のお墓
●福岡市の西部霊園芝生墓地にて、納骨室内の洗浄と、追加彫刻・家紋の金箔入れ直しをさせていただきました。山口県産徳山石のお墓
●福岡市南区の塩原墓地にて、戒名彫刻と金箔入れ直しが完成しました。ホームページよりお問合せ、お電話やメールでのお打ち合わせ
●お名前の追加彫刻と、家紋・墓誌彫刻の金箔入れ直しが完了。約3坪の大きなお墓、須恵町地域墓地にて
●全面的な墓石クリーニングと目地入れ、コンクリート補修が完了。福岡市博多区にて

 

傾いていた花立も、きちんとまっすぐに据え直して土間舗装をしました。今回は、雑草対策として透水性の土間舗装を行いました。

 

墓誌です。額字部分にも金箔を入れ直しました。細かい文字ですが、入れ直したことではっきり読み取れるようになりました。また、追加で一名様のご戒名彫刻もさせていただきました。

 

玉垣のズレはこのように修繕しました。目で見て大きくずれているのはこの部分だけでしたが、実はお墓全体にわたって柱がずれている箇所が見られたため、一周全部据え直しました。

 

今回施工した透水性の土間舗装は、雑草取りの手間がかからなくなるだけでなく、透水性があるので水が溜まりません。細かい砂利を固めたような自然な仕上がりになり、温かみのある色合いがとても人気です。カチカチに固まっているので、デコボコした土のままより安全でもあります。

 

かなり大きく成長していた植木は、根の影響などを考えると今後お墓の石を動かしてしまうことも十分に考えられましたので、お手入れが大変であれば小さく刈り込んだり、この機会に取り除く方法もありますよとお話しし、今回は撤去されることになりました。樹木があった場所には砂利石(那智黒)を敷き詰めて仕上げました。

お墓背面の金箔も入れ直して読み取りやすくなりました。福岡の市街地を見渡せる、こんな景色のよい場所でした!お天気もよく、とても気持ちよくお仕事をさせていただきました^^

 

工事を終えて・・・

お引き渡しは無事に完了し、ご納骨を後日控えています。今回は、追加の彫刻や金箔の入れ直しなどは、工事が進むにつれて追加でご依頼をいただきました。だんだんきれいに仕上がっていくお墓をご覧になって仕事ぶりに安心していただけた結果、「やっぱりこれもお願いしよう」と追加でご依頼をくださったのかなと思っています^^

今回のお客様は、建設関係のお仕事をされている方でしたので、工事に関してはもちろんお詳しく、こちらのご説明もしっかりご理解くださり、ご依頼の内容と工事に関するご提案・方向性がしっかりかみ合い、工事前のお打ち合わせもとてもスムーズでした。工事内容の決定に関しても十分にご納得いただいた上ですばやく決めていただけたので、工事にも早く取り掛かることができました。このたびはお声かけいただいてありがとうございました。何かお困りのことがございましたら、今後はどうぞお気軽にご連絡ください!