ご覧いただきありがとうございます、博多の森石材店の寺田公平です! 平尾霊園にて、石ベンチ、納骨室換気口、納骨棚石などをリフォーム完了いたしました。その際の様子をご紹介いたします^^

施工前後のお写真

 

ご状況とご要望

以前から博多の森石材店の近くにお住まいで、ご自宅の表札やお墓の耐震化の工事など、これまでもご相談をいただいていて、十数年のお付き合いのあるお客様からのご相談です。 「お墓のベンチが割れてしまっているので直したい」というご要望と、「納骨室内の棚に石を敷きたい」というご要望をお持ちでした。

お話をいただいてから、お墓の確認に行って参りました!

お墓が建立されて40年以上が建っていますが、とてもしっかりとした立派なお墓です。

 

まずこちらが、割れてしまっているベンチです。どうしてこのように割れてしまったのか、原因を特定することはなかなか難しいのですが、震災の時に亀裂が走ってしまったものが、徐々に目に見えるくらいのヒビに発展し、このようにくっきりと割れてしまったのかもしれません。

こちらは納骨室内の換気口になる部分です。アルミサッシが取り付けてある状態ですが、どうしても窪んでいるため、水や汚れが溜まりやすくなります。もう少し、壁の石の部分と同じようにできないかというお話をいただきました。

 

お写真では伝わりにくいのですが、納骨室内がとても広く、タイル張りの棚でいくつかに仕切られている状態です。この上にお骨壺を並べるのですが、「そのまま並べるのは床に置いているような気がして気になるので、敷石を置きたい」というご要望をいただきました。

お客様としっかりと打ち合わせをし、ベンチ、換気口、棚に敷石を置く工事を行いました。

 

工事が完了しました

ベンチはこのようになりました^^ 新しい石で作り直しています。

 

換気口はこのようになりました。換気口の大きさを測り、穴にあったサイズに加工して新たな換気口を取り付けました。矢印部分の隙間から空気が通りますが、水は内側へ入ってしまうことがないよう、外側にむけて傾斜がつけてあります。

 

お骨壺やお供え物を置くすべての棚に、敷石を置きました。

 

敷石のアップです。細かな部分になりますが、石の上面が少し大きく、丸みを帯びたR加工を施してあります。もともと納骨室内の一番上の棚に同じようなデザインの敷石が置いてあり、お客様より「その石とデザインを合わせて欲しい」というお話をいただいていましたので、ご希望通りの加工を施しています。

お客様には「希望通りにしてくれてありがとう!」と、大変お喜びいただきました!^^

修理を終えて・・・

お付き合いをさせていただいている十数年前から、お客様とお話をさせていただくたびに、「ご先祖様をとても大切にされているなぁ」と、ひしひし感じます。そしてお墓も納骨室内も、常に非常に綺麗に清掃されていて、こだわりを持ってお墓を守られていることを知っていますので、今回の施工でお客様にお喜びいただくことができて、安心いたしました^^

お会いするたびに、笑顔で接してくださったり、いろんな話をお聞かせくださって、いつもありがとうございます!今後も、何かお困りの際にお役に立てれば幸いです^^