福岡市立平尾霊園にて、60年前の古いお墓のお墓じまい工事。事前確認をしっかり行い、安心のお墓じまい


ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です。福岡市立平尾霊園にて、古いお墓のお墓じまい工事をさせていただきましたのでご紹介いたします!

 

お墓じまい前後のお写真

福岡市立平尾霊園 お墓じまい

 

ご相談いただいた経緯とお墓のようす

福岡市立平尾霊園にて、お墓じまいの工事をさせていただきました。ずいぶん前にご遺骨は移されていましたが、お墓の老朽化が進んでいることや、今後お墓の管理が大変だからということで、そろそろ解体してお墓じまいしようと思われたそうです。まずは見積もりをしてほしいということでしたので、区画番号やお墓の情報を伺って、確認に向かいます!
 

お墓じまいに関する記事

●機械の入れない狭い通路・お墓が密集した街中の墓地でのお墓じまい。福岡市博多区の寺院様墓地にて
●中間市の地域墓地にて、改葬に伴うお墓じまい工事。ご遺骨の取り出しから解体・撤去まで、山口県産徳山石のお墓
●福岡県うきは市吉井町にて、お墓じまいをさせていただきました。関西にお住まいのお客様、郵送やお電話でのご対応
●福岡市東区の福岡市営三日月山霊園にて、お墓じまいをさせていただきました。お墓からご自宅への改葬、手続き関係もお手伝い
●通路が狭く、重機が入らないお墓を、費用削減のためクレーンを使用し解体撤去作業を行いました。福岡県飯塚市の地域墓地にて
●福岡市営三日月山霊園にて、14年前に建てられたお墓のお墓じまい・墓石の解体処分を行いました。
●朝倉市にて、私有地にある古いお墓をお墓じまい、納骨堂へお引越し。道路に面した場所での作業

 

こちらがご相談いただいたお墓です。区画番号を頼りに向かうと、まずは正面文字の確認です。

 

お墓の後方です。コンクリートで作られた納骨室の上にお墓が設置されている形でした。お客様がおっしゃっていた通り、確かにずいぶん老朽化が進んでいます。

 

裏面の建立者の方のお名前も確認します。建立年月日は昭和35年とあります! 建てられてから60年ほど経っているお墓でした。

 

平尾霊園ではよく見られる、左官仕上げの外柵です。階段横には植栽が一対植えられていました。

 

こちらはお隣のお墓との境界です。今回のように平尾霊園の古くからあるお墓は、お隣との境界が狭く、くっついてしまっていることも多いです。解体作業は特に丁寧に行いますが、当店では解体にあたって、事前にどんな様子かを確認して写真に収め、起こりうることを管理事務所の方やお客様へ報告します。

 

こちらは反対側の境界です。お隣の外柵にはひびが入って割れている部分も見られました。解体の影響での損傷ではないことを確認するためにも、記録写真を事前にしっかり撮ります。平尾霊園の古いお墓を解体する際の、重要なポイントの一つです。

お見積りを差し上げてご了承いただいたら、工事に取り掛かります。作業工程としては、お墓を順に取り外していき、納骨室も解体、外柵も丁寧に解体して工事完了となります。

 

お墓じまい完了です

お墓じまい工事が完了しました!

手前には土嚢を積んで土止めしています。平尾霊園では、墓地の奥と手前で高低差がある区画が多いです。そのため、内部の土が流れ出ないようにするためにしておく必要があります。

 

表面は、このように化粧をするように真砂土を敷いて仕上げます。こうしておけば、周りのお墓にお参りに来られた方にも気持ちよくお参りいただけますよね^^

 

お墓じまいを終えて・・・

お客様には完成のお写真をご郵送して確認していただきました。ご遺骨もすでに移されていましたので、長く気になっていらっしゃったでしょうから、安心していただけたのではないかと思います。

福岡市の市営霊園は、平尾霊園をはじめ、東区の三日月山霊園、西区の西部霊園がありますが、中でもこの平尾霊園と三日月山霊園の昔からある区画には、今回のような古いお墓が今もたくさんあります。そうしたお墓を解体する際は、「お隣との境界」は今回のようにとても需要なポイントになります。今のような霊園の規則がなかった時代に自由に建てられたお墓ですので、隣との境界線がなかったり、隣のお墓が寄りかかってきていたり、今まで見えなかった基礎や壁石が、お墓を取り外すことでむき出しになってしまったり・・・これまでの経験から、こうした古いお墓の解体には注意する点が多く、色々なケースが予測されます。ですので、後々トラブルになったりしないよう、事前にお客様にもお伝えし、市の方へも確認を取ってから進めていくと、安心して解体作業を行うことができます。多少手間がかかっても、必ず丁寧に行っておかなくてはいけないと常々思いながら取り組んでいます。

昨今のお墓事情から、お墓じまいをご検討の方は多いと思います。当店は、福岡市営霊園での古いお墓の解体も豊富な経験がありますので、どうぞ安心してご相談ください。
 

福岡市営霊園でのお墓工事に関する記事

●福岡市立三日月山霊園4㎡の墓地に、シンプルでコンパクトなお墓を建立。費用を抑えつつ、細部にも高級感あるお墓
●遠方にお住まいのお客様のお墓の色の入れ直し。金箔から白色へ、福岡市立平尾霊園11区
●福岡市営三日月山霊園にて、山口県産徳山石でできた五輪塔タイプの先祖墓を、地上式納骨室のお墓にリフォーム。20数年前に改葬をお手伝いさせていただいたお客様
●福岡市東区の福岡市営三日月山霊園にて、お墓じまいをさせていただきました。お墓からご自宅への改葬、手続き関係もお手伝い
●福岡市営三日月山霊園にて、14年前に建てられたお墓のお墓じまい・墓石の解体処分を行いました。
●両家墓として残すため、お墓の棹石を交換しました。インド産アーバングレーで作成、法名追加彫刻、福岡市立三日月山霊園にて
●福岡市の西部霊園芝生墓地にて、納骨室内の洗浄と、追加彫刻・家紋の金箔入れ直しをさせていただきました。山口県産徳山石のお墓