ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です。福岡県飯塚市の地域墓地にて、通路が狭く、重機が入らないお墓を、費用削減のためクレーンを使用し解体撤去作業を行いました。その際の様子をご紹介いたします!

お墓じまい前後のわかるお写真

 

ご相談いただいた経緯とお墓の状況

今回のお客様は、新しく飯塚霊園を購入されたため、今お墓がある墓地の区画を返還ができるよう、お墓じまいをしたいとお考えでした。どこの石材店に依頼するか、インターネットで調べて、当店のホームページを見つけてくださったそうで、ご連絡をくださいました。

お客様はご多忙なため、お墓の場所をご連絡いただき、私一人で現地確認へ行って参りました!

 

こちらがお客様のお墓がある地域墓地です。

 

事前に伺ってはいましたが、予想以上に狭く、重機は入れられない道幅です。

 

右側の矢印を上がってきて、左側の矢印の方へ階段を上がるとお客様のお墓があります。

 

こちらがお客様のお墓です。墓石や外柵は国産の徳山石です。お客様は当初、今あるお墓はすべて撤去し、新しくお墓を建て直すお考えでしたが、現地確認をし、とても綺麗に受け継がれてきていることが分かりましたので、「墓石部分や外柵など、飯塚霊園に引越しされてはいかがでしょうか?」とご提案をさせていただきました。

 

この大きな石が納骨室の入口の蓋になります。さまざまなお墓を見てきましたが、中が部屋のように広く、ここまで大きな納骨室は初めて見ました!

お墓の現状を確認し、お客様へお話をさせていただきました。まず、墓石本体はまだまだ使用できること、そして、通路が狭く、人力でひとつひとつ作業をするとコストがかなり必要になるため、土地の所有者様の許可をいただけるのならば、クレーンで吊って運び出すほうが費用はお安くなるということをお伝えしました。

所有者様へのご連絡は私が直接させていただきました。結果、駐車場を数日使用する許可をいただけましたので、クレーンを入れて作業をすることになりました。

工事のようす

許可をいただき使用することになったクレーン車は25トンあります。駐車場のコンクリートや地盤を傷付けることのないよう、鉄板を並べてからクレーンを入れました。

 

お墓の石塔の下にある上台部分を吊っています。写真で見ると小さいですが、この石だけで、およそ300~400キロほどありますので、気を付けて作業を進めます。

 

墓石部分、外柵部分を取り除き、納骨室を解体していきます。

 

お墓を建てられた時代としては珍しく、コンクリートの中に鉄筋がかなりの量配筋されており、ものすごく頑丈なつくりでした。その分、もちろん解体がものすごく大変でした! こういった頑丈なお墓をお墓じまいするたびに思いますが、「お墓じまいの際に苦労するほどの丈夫な基礎工事」は、建てた職人さんにとって勲章ものですね^^

お墓じまいが完了しました

すべてのコンクリートや石、鉄筋等を取り除き、草が生えにくいように砕石を入れ、綺麗に均してお墓じまいが完了しました。お墓じまいが完了し、お客様には大変お喜びいただきました! 飯塚霊園でのお墓の据え付けもご依頼いただいておりますので、徳山石の墓石部分等は当社で丁寧に持ち帰っております。

作業中、お客様が当社職人のことを気遣ってくださり、毎日飲み物等を差し入れてくださいました。優しいお心遣いに、職人も私も大変嬉しく、癒されておりました。ありがとうございました!!

お墓じまいに関する記事

●福岡市営三日月山霊園にて、14年前に建てられたお墓のお墓じまい・墓石の解体処分を行いました。
●朝倉市にて、私有地にある古いお墓をお墓じまい、納骨堂へお引越し。道路に面した場所での作業
●那珂川市の山の地域墓地にて、お墓じまいをしました。100年程前の古いお墓、「堀り上げ」で確認しながらの作業
●西部霊園の普通区画、4平方メートルの和型墓石のお墓じまいが完了。短納期へスピーディーなご対応
●朝倉市にて、たくさんの写経石と古い石碑の撤去工事が完了。九州豪雨災害により移転、ホームページをご覧になってのお問い合わせ
●志免町の地域墓地で改葬とお墓じまいが完了。7年程前に石塔を作らせていただいたお客様、とても頑丈な基礎等を解体
●宇美町の地域墓地にて、お墓じまい工事が完了。6年前にお墓のクリーニングをご依頼いただいたお客様、状態を確認しながらの作業