ご覧いただきありがとうございます! 博多の森石材店の寺田公平です。那珂川市の山の地域墓地にて、お墓じまいをさせていただきましたので、その際の様子をご紹介いたします!

 

ご状況

今回のお客様は、お客様のお住まいのお庭にある石碑の修理をさせていただいたのがご縁で、このたびお墓じまいをしたいとのことでご連絡くださいました。

 

こちらが、今回お墓じまいされるお墓です。100年は経っていると思われるお墓で、代々のご先祖様の供養塔ということで、ずっとお参りしてこられたそうですが、今回お墓をしまわれることになりました。

古くからあるお墓ですので、お客様からは、ご遺骨が実際に眠っているのかどうか詳細はよくわからないと伺っていました。もしかすると土葬された仏様もいらっしゃるかもしれない、とのことでした。

 

お客様のお墓のある場所は、この少し細い山道を上っていったところにあります。

 

地域の墓地のようでしたので、街中の墓地のように整備された通路はありませんでした。お客様のお墓まではこのように、他のお墓の前など狭い場所を通っていくことになります。

 

お客様のお墓です。すでにお経などはあげて儀式は終わっていていましたので、早速工事をスタートします!

 

工事のようす

お墓の石をすべて取り外し、石は先ほどの細い通路を通って搬出しました。印の部分はお墓の石塔をすべて取り外したところです。まだこの時点では、ご遺骨らしきものは見当たりません。

 

土葬された仏様もいらっしゃるかもれないとのことでしたので、「堀り上げ」をして確認しました。通常は土葬の仏様がある場合、一度掘られている場所なので土が少し軟らかくなっているなどで、仏様がいる手がかりになることもあるのですが、今回はそういった形跡もありませんでした。お客様もお立会いのもと、深さ1メートルほど手掘りで掘り下げ、ご遺骨がないことを確認していただきました。

 

掘り下げたところに土を戻して、きれいに整地をして作業完了です。

 

お墓じまいを終えて・・・

土葬のお墓をお墓じまいで、ご遺骨が土に還らず残っていた場合は、再火葬するなどの手続きが必要になります。今回お客様は、このお墓に土葬された仏様があるかもしれないと心配しておられて、役所に手続き内容を確認されたりと、色々とご自分で準備をされていたそうです。今回しっかりと土葬の堀り上げを専門の職人にしてもらい、お客様もご自身で確認をされてご遺骨がないことがはっきりわかって、安心していただけてよかったです^^ 私どもとしても、お客様に立ち会っていただき安心して作業できました^^ ありがとうございました!

お墓の引越しやお墓じまいのご相談は近年多くいただきます。特に昭和初期やそれ以前の古くからあるお墓は、お客様のご記憶もはっきりしないことが多く、どんな仏様が入っていらっしゃるのかわからないこともありますし、土葬の仏様がいらっしゃることもあります。当店ではそういった場合、専門の職人が担当してしっかりと堀り上げをして確認していますので、安心してお墓じまいをしていただけます。もし仏様が見つかった場合の手続き等についても、きちんと事前にご説明をして進めます。「お墓じまいしたいけれど、土葬だから・・・」などとご心配な方は、ぜひ安心してお任せいただけたらと思います。