ご覧いただきありがとうございます!博多の森石材店の寺田公平です^^ 志免町の地域墓地で改葬とお墓じまいが完了いたしました。 その際の様子をご紹介いたします!

 

今回ご依頼いただいたお客様は、お墓の管理をされていた弟様を亡くされ、「お墓の跡を継ぐ人がいないため、お墓じまいをしなくては」と、石材店をお探しでした。 こちらの地域墓地は、当店から数百メートルのところにある、とてもご近所の墓地なのですが、以前、お墓の管理をされていた弟様に、お墓の石塔(円柱のような形の)の作成をご依頼いただいていたことがありました。その際の記録などをご覧になったそうで、今回はお姉さまより、当店へご相談くださいました。

お墓じまい施工前のお墓のお写真です。左手前にある石塔は、当店が7年程前におつくりさせていただいたものです。お掃除も綺麗にされ、大切にお墓を守っていらっしゃることが伺えます。

 

こちらの地域墓地は、以前は別の場所にあったのですが、改装と共に場所も移転しました。高台のようになっているため、お墓は高い位置にあります。階段をのぼってお墓に行く必要があるため、大きな重機は使用できない環境です。

ご納骨されているお骨壺は、同じく志免町にあるお寺様へ納骨することが決まっていました。その辺りのことや、市役所への改葬手続きなど、「わからないことだらけで、どうしたらいいのか・・・」と、不安に思われていましたので、全て当店にてお手伝いをさせていただきました。

手続きも完了し、閉眼供養も終わり、いよいよ解体作業が始まります!

 

石塔の取り外しが終わり、あとは納骨室や基礎部分の解体です。

 

この状態まで解体してわかったのですが、多くの鉄筋が配筋されており、とても頑丈で、解体に苦労しました。 お墓の基礎工事は、基本的にお墓が建ってしまうと見えなくなる部分であり、建てた石材店にしか「中身がどうなっているのか」は、わかりにくいです。 お見積りの際には分からなかった内部の構造が見えてくることにより、「建てた石材店さんは、手を抜かずに良い仕事をされているな」と思うことがあります。 「解体に時間がかかる」=「しっかりした基礎の良いお墓」ということになるのです^^

 

まだまだ途中の段階ですが、このように鉄筋や石がたくさん! ひたすら解体していきます。

 

解体が完了しました! 土がむき出しになっていると、雑草が生えてきたり墓所が土で汚れたりしてしまいますので、コンクリートを打って仕上げました。

 

お墓じまいが完了です。

お客様には「私は嫁いたので、お墓の管理はいつも全部弟がしていました。今回、初めてお墓のことを自分でしてみて、分からないことばかりでとても不安でしたが、博多の森石材店さんが、改装の手続きから何から、全て引き受けて手伝ってくださって本当に助かりました!ありがとうございました^^」と、お喜びいただきました。

お墓じまいの工事は、今まで大切に守られてきたお墓を解体しますので、石屋としてとても寂しく思うこともありますが、「遠方でお参りに行けないのが心苦しい」とお考えの方や、「放置して周りの方たちに迷惑をかけたくない」という想いなど、心の中で心配事の一つとして根付いてしまっている皆様のお心を、少しでも軽くするために出来る、石屋としてのお手伝いなのだと感じます。

建てられた方の想い、石材店さんの良い仕事、お墓じまいをしなければならない方の想い。 今後も、そのことをしっかりと感じながら、お墓じまいや改葬のお手伝いをしていけたら・・・と思います。