ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です。糟屋郡宇美町の地域墓地に、ガラスを使用したインド産黒御影M10のデザイン墓石が完成しましたので、ご紹介します!

 

完成したお墓

 

ご相談いただいた経緯

糟屋郡宇美町在住の方からお墓のご相談をいただきました。志免町方面を車でお通りになる際に目にする当社のことを以前から知ってくださっており、地元の石材店ということでご相談くださったそうです。お電話をいただいて、お店の方へお越しいただいてお話しを伺うことになりました。

お客様は当初、どんなお墓がいいかな・・・と特に強いご要望もないといったご様子でした。それからお墓の資料をご覧いただいたり、ご一緒に実際の施工例を見にいくつか霊園を回ったりする中で少しずつ、観音扉式の地上式納骨室を備えたお墓がいいということと、柔らかい雰囲気のお墓がいいかなとイメージが固まってきました。さらにじっくりお話しをしてご希望を伺い、最終的にはご家族の繋がりを感じられるような柔らかい印象で、お考えのご予算にも叶う形のお墓を建てることになりました。

 

お墓を建てるにあたり、墓地の確認に向かいます。こちらは、お客様が取得された宇美町の地域墓地です。

 

糟屋郡でのお墓工事に関する記事

●思いのこもった彫刻を施した、G654長泰(グレー御影)のご両家墓が完成。金箔文字の存在感あるお墓、糟屋郡須恵町新原の新原墓地にて
●糟屋郡須恵町の南米里墓地にて、お墓の建立をさせていただきました。G654グレー御影、細部までこだわった豪華で美しいお墓
●糟屋郡須恵町の地域墓地にて、中国産G623白御影石のお墓が完成。ご要望を叶えた、シンプルでコンパクトなお墓
●博多霊苑に、インドM10黒御影、1.28平方の素敵なコンパクトデザイン墓が完成。お世話になっている方からのご相談
●赤い舗装が美しくお参りしやすい新宮霊園にて、墓前灯籠付き和型の素敵なお墓が完成。
●須恵町のお寺様墓地で、洋型墓石部分、墓誌の取り外しと処分が完了。兵庫県にお住まいのお客様、メールやお電話でのご対応

 

こちらの広めの敷地にお墓を建てます。眺めの良いところでした。

 

こちらは昔からの地域墓地なので、お隣との境界ははっきりと示されているわけではありません。役場の担当の方にどのくらい間を空けるのかをきちんと伺って、お墓の寸法が決まりました。

 

工事が始まりました

工事が始まりました。間口4m、奥行き3mくらいの広さがあります。今回は、広い敷地の中でもしっかりと区画の場所が明示され、存在感あるお墓となるように、工夫して基礎工事をしました。

 

コンクリートを流し込んで、基礎工事が完成です。しっかり養生して基礎が固まったら、お墓の本体、墓誌等を据え付けて完成です。

 

完成しました!

完成です!

 

ガラスを使用したデザイン墓です。いくつかの種類の中から、このデザインのガラスをお客様にお選びいただきました。耐久性のある、特殊なデザインガラスです。「繋」という一文字は、書体も含めてお客様がご用意くださいました。その下にある、川面に流れるように施された桜や梅なども、お客様から頂いたモチーフをこちらでレイアウトしたものです。色も、ご希望に応じて淡い紫やピンクの色を入れました。

 

扉・笠付きのお線香・蝋燭立てです。扉には加工がしてあり内部に空気が入るので、扉を閉めたあともお線香の火が消えることがありません。お花立ては、花花びらをかたどった、花のつぼみのようなデザインです。施工例を見て、奥様が気に入ってくださいました。

 

お墓手前の踏み石です。こちらには、ご家族全員の手形を入れました。手形ひとつひとつに、皆様それぞれのお名前が添えられています。「いつもそばにいるよ」という、亡くなられたご家族様への思いや、ご家族の絆を感じます。

 

納骨室の換気をよくするために、左右と後ろの壁石にステンレスの空気口を設けました。換気を良くすることで、湿気やカビから大切なご遺骨を守ります。

 

お墓の左側には、皆様でゆっくりしていただけるようにベンチと踏み石を設けました。手荷物なども置いていただけます。砂利は表面を磨いた玉砂利です。通常の玉砂利よりもつやがあって色合いもとてもきれいで汚れにくく、最近ご好評いただいています。

 

今回は、土間部分は貼り石をして仕上げました。わずかに勾配をつけて、水が溜まらないように設計しています。

 

お墓作りを終えて・・・

ご納骨のお手伝いもさせていただきました。亡くなられてからこれまでご自宅でご供養されていたということでしたが、このたび3回忌のご法要を迎えられるにあたって、お墓を建立してのご納骨となり、天候にも恵まれ、ご親類の方々もたくさん立ち会ってくださる中でご法要が営まれました。

お墓作りは、亡くなったご家族や、残されるご家族への思いなど、皆様の思いを形にすることでもあります。今回は特に、亡くなったご家族様への深い思いを感じるお墓作りでした。そんな皆様の強い思いや希望を、プロの目線で形にすることで、理想とするお墓に少しでも近付けたいとお手伝いをさせていただきました。これからも皆様で仲良く、末永くお参りいただけるとうれしく思います。このたびは、お声かけいただいてありがとうございました。何かお困りのことがございましたら、どうぞいつでもご連絡ください。
 

洋型墓石・デサイン墓石に関する記事

●思いのこもった彫刻を施した、G654長泰(グレー御影)のご両家墓が完成。金箔文字の存在感あるお墓、糟屋郡須恵町新原の新原墓地にて
●糟屋郡須恵町の地域墓地にて、中国産G623白御影石のお墓が完成。ご要望を叶えた、シンプルでコンパクトなお墓
●宗像ルンビニー墓苑にて、中国産G-688白御影を使用した、神道の兜巾型を取り入れた洋風のお墓が完成いたしました。
●両家墓として残すため、お墓の棹石を交換しました。インド産アーバングレーで作成、法名追加彫刻、福岡市立三日月山霊園にて
●1.28平方メートルのコンパクトな区画に、中国産G654平和グレー御影石のシンプルな洋型墓が完成。アールをふんだんに取り入れた柔らかな印象のお墓、宗像ルンビニー墓苑
●博多霊苑に、インドM10黒御影、1.28平方の素敵なコンパクトデザイン墓が完成。お世話になっている方からのご相談