ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です。今回は、春日市のお寺様にて、鐘つき堂(鐘楼/ショウロウ)の土間コンクリート修理をさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

施工前後のお写真


 

ご相談いただいた経緯と状況

今回は、いつもお世話になっているお寺様からのご相談でした。鐘つき堂のコンクリート部分がひび割れてしまっているのが気になるので、見て欲しいとのことでしたので、さっそく伺いました。

 

こちらが今回ご相談いただいたお寺様です。こちらの門の右手に見えているのが鐘つき堂です。

 

こちらが鐘つき堂です。手前には大きな保存樹木があり、鐘つき堂も趣のある立派なものです。今回ご相談いただいたのは、印のある箇所、階段を上った鐘つき堂の屋根の下の土間コンクリート部分です。

 

 

こちらがその箇所です。原因としては、ひとつは経年の劣化があります。もうひとつの原因としては、下にはしっかりとしたコンクリートの基礎があるのですが、その上の化粧であるモルタル左官部分が薄いため、経年で劣化してしまったということが考えられます。

 

ひびが入り、表面のモルタル仕上げの部分が浮いたような状態になっていました。

 

ひびは至るところにあって、中にはかなり大きなものもあり、しっかりと修理をしなければいけない状態でした。

まずは、浮いているモルタルの部分をすべて剥がしました。ただ、その上にコンクリートを新しく打っただけでは少し厚みが足りないので、もともとあった基礎の部分も少し削って、コンクリートが十分な厚みで打てるようにしました。そして、中にひび割れを防ぐためのワイヤーメッシュを入れて、コンクリートをしっかりと入れて仕上げました。

 

工事完了です!

完了しました!

外側に水が流れるように、全体的に傾斜をつけてならしています。左官専門の職人が仕上げました。階段の石の縁に沿ってコンクリートを打設しました。

 

全体にムラが出ないことと、均等にならして仕上げることに注意を払って、きれいに仕上げることができました。

 

こちらもたくさんのひび割れが入っていた箇所ですが、新しいコンクリートが入って、水がたまらないよう外に向かって傾斜をきれいにつけて仕上げています。コンクリートの表面仕上げは、ならしたあと、すべりがない程度になるべく細やかに仕上げました。

 

工事を終えて・・・


和尚様は、気になっていた箇所がきれいになり、とても喜んでくださいました。また、当初は、鐘つき堂の下部、石垣の部分も様子を見て欲しいというご相談もいただいていましたので、工事前に確認させていただきました。経年の汚れ等はありましたが、状態としてはまだまだしっかりしていて問題ありませんでしたので、今回はコンクリート部分のみの工事をさせていただくことになりました。

今回は、いつもうかがわせていただいているお寺様からのお声かけでした。お世話になっているお寺様からこうしてお声かけいただけるのはとてもうれしいことです! また、工事にあたって腕のいい左官職人を手配することができ、期待通りのしっかりとした仕事をしてくれましたので、和尚様にもご満足いただけてよかったです^^ お困りの際には、また和尚様や門徒様のお役に立てればと思いますので、お気軽にお声かけいただけるとうれしいです。