ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です^^ 田川市の地域墓地にて、雑草が生えない工事、開放的な明るいお墓へのリフォームが完成しました!その様子をご紹介いたします!

hakata_blog1029-1

 

お墓を管理されているお客様(60代のご夫妻様)が筑紫野市にお住まいで、今回お墓のリフォームを考えた時に「近くの石材店が良い」とお考えでした。そこでホームページで石材店を検索し、当店へご依頼いただくことになりました!

施工前のお墓です。地震でブロック塀が倒壊するニュースをご覧になったことにより、お客様は「うちのお墓の周りのブロックも倒れて、誰かに迷惑をかけてしまうのではないか」と心配されていました。リフォームのために下見にお伺いしたところ、確かにブロック塀が面している道路側へ傾いている状態でした。

 

ブロックは高い所は1m20cm程度あります。地震などの揺れで倒れてしまうことは十分に考えられます。

 

ブロック塀が道路側へ傾いてしまっている原因として、お墓に植えてある植栽が原因だと考えました。木の根は想像以上にとても強いため、ブロック塀であってもどんどんと押されてしまいます。

ただ、ブロック塀を、今と同じような高さで強度のあるものに作り替えるとなると、お客様のお墓の敷地がとても広いため、費用が高額になってしまいます。そこで、「危ないブロックを取り払ってしまうのはいかがでしょうか」というご提案をさせていただきました。

また、植栽の根のせいで、コンクリートのいたる部分にひび割れが生じていて、その間から雑草が生えてきてお困りでした。「植木の管理に困っている」というお話もありましたので、今回、植栽も撤去することになりました。 (植栽の部分はお写真では分かりにくいですが、植木を撤去してみると、土が楕円形に残されている状態でした。)

 

リフォームが完成しました!!

 

道路側のブロック、5段あったうちの3段は撤去しました。植栽部分に残っていた土の部分のみコンクリートを流し込むと、綺麗に仕上がらないだけでなく、強度の問題もありますので、前面部分はすべてコンクリートを打ち直しました。安心・安全にお参りいただけるよう、しっかりと基礎からおつくりしましたので、将来的にお墓を建てたり墓誌を建てたりすることも可能です。

 

全面のコンクリートを打ちなおすとなると、とても費用が高額になりますので、ヒビ割れている部分のみ草が生えてこないよう補修しました。また、ブロックを切った後、天端部分はモルタルを塗り直して綺麗に仕上げました。

 

コンクリートを磨いて仕上げると、ツルツルになって滑りやすくなってしまいますので、左官を専門としている左官職人が、丁寧に左官仕上げにしています。また、お写真右側へ向かって傾斜がついています。雨が降ったり、お参りの際にお水を流したりされたときに、お写真右奥の階段の方へ水が流れるようになっています。

 

傾いていた隙間も埋め、植木が生い茂っていた部分もコンクリートで綺麗に仕上がり、お墓全体がスッキリ、明るくなりました。

完成引き渡しの際には、ご依頼いただいたお客様ご夫妻、お墓のお近くにお住いのご兄弟様もお越しくださり、ご確認いただきました。 ご依頼いただいたご主人様には「ブロック塀がなくなって安心しました。開放的で明るくなりましたね。」とお喜びいただき、奥様には「植木がなくなって、掃除が楽になりそうです。滑りにくくしてくださったり、工夫がとても嬉しいです。」というお声をいただきました。 ご一緒にご確認いただいたご兄弟様にも「とても綺麗に仕上がって嬉しいです!改めて、こんなに広かったんだなぁと思いました。」とお喜びいただきました。

”周りの皆様に迷惑をかけないようにお墓をリフォームしたい”というご相談に、限られたご予算や条件の中で、お客様がご想像されていた仕上がりよりも、更に喜んでいただけるリフォーム工事をすることができて、ホッといたしました。

余談ですが、お客様はとても歴史の知識が豊富で、田川の地元の歴史武将のお話などをお聞かせくださいました。 私があまり詳しくないもので、私はとても楽しくお話をお伺いできましたが、お客様にとってお話相手としては不足していたかもしれませんが^^;、 楽しい時間を、どうもありがとうございました~!!