ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です! 福岡市東区にあります妙徳寺様の墓地にて十数年前に建てられたお墓の目地補修作業を行いました。その際の様子をご紹介いたします。

施工前後のお写真

 

ご相談いただいた経緯とご要望

今回、ご依頼いただいたお客様は、十数年前に妙徳寺様が移転をされた際、お墓の引越しと建て直しをご希望されていて、当店にてお手伝いさせていただいたお客様です。施工から十年以上が経過し、目地の部分の黒ずみや劣化が気になるとのことで、「春のお彼岸前に綺麗にしてもらいたい」と、修繕希望のご連絡をくださいました。

お寺様へ、現在のお墓の確認へ行って参りました!

 

妙徳寺様の墓地です。移転されたこともあり、墓地内はレンガ貼りで歩きやすく、手桶や柄杓などがある水道施設もキレイで、お参りしやすい環境です。

 

こちらがお客様のお墓です。当店が施工させていただいてから十数年が建っていますが、文字彫刻の金箔も、まだまだ綺麗な状態です。お客様が細やかにお掃除をされ、大切にお参りされていることが伺えます^^

 

こちらは、納骨室入口の拝石の部分です。年月の経過とともに、普段のお掃除では落とすことのできない汚れが溜まってしまってしまい、また、目地の劣化が気になっているというお話でした。

 

花立ての底の目地部分も、このようになっています。(花立ては移転の際に以前の古いお墓のものをそのまま移動させ、新しくおつくりした外柵に設置していました)

 

お墓の背面の貼り石の部分です。目地が劣化しています。

 

お墓側面の外柵の目地部分もこのように劣化し、黒ずみが付着している状態です。

 

お墓の入口の部分の石貼りは、お参りの際に必ず歩くところですので劣化も早く、水が溜まらないよう水傾斜が付けられていますが、どうしても湿気が溜まりやすいところであるため、矢印部分には若干コケが生えている状態です。

状況を確認し、お客様とお話した結果、目地の補修の他、お墓全体の水洗いも一緒に作業をすることになりました。(お墓全体を水洗いすることで、新しく入れる目地も綺麗に入ります^^)

 

目地補修が完了しました

お墓の全体がわかるお写真です。水洗いもしましたので、このように綺麗になりました!

 

石塔の下部のお写真です。一旦、古い目地をすべて取り除き、新しく入れ直しています。目地が新しくなると、綺麗に見えるだけでなく、接着効果も増します。

 

お墓本体の台石、水鉢のお写真です。このよう入り組んだ部分も、丁寧に目地補修しています。

 

花立ての底の部分も、このように綺麗になりました。

 

お墓の背面の石貼りもこのように綺麗になっています!

 

お墓側面の外柵部分の目地も綺麗に補修しました。

 

お墓の入口部分です。水洗い後に丁寧に目地を入れ直していますので、十年以上、また綺麗な状態でお参りいただけます。補修が完了したお墓をご覧になったお客様には、「バッチリ、綺麗になっていて嬉しいです!」というお言葉をいただきました。

建立に携わったお墓が、年月を経た今も大切にお参りされているのを見ると、嬉しくなります。そして、十数年前にご縁をいただいたお客様ですが、お墓に関して困られた際に、変わらずまた当店へご依頼くださったことが大変嬉しかったです!

「建ててしまえば終わり」ではなく、「建てた後も安心を」の気持ちを大切に、今後も、ご縁をいただいたお客様ひとりひとりにお喜びいただける仕事を心がけて参ります!