ご覧いただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です^^ 朝倉市の墓地にて、ご遺骨の取出しのお手伝いとお墓じまいを行いました。その様子をご紹介いたします!

山口県にお住いのお客様より、当店のホームページの相談フォームからご相談をいただきました。 お墓がある朝倉市に戻る予定もなく、お墓を継いでくれる方がいらっしゃらず、また、お客様ご自身もご高齢になられ、頻繁にお参りすることが出来なくなってきたため、お住まいのある山口のお寺様への引っ越しをしたい、というご相談でした。

お墓の場所をお伺いし、早速お墓の現地確認へ行きました。

朝倉市にある、市が管理する墓地です。

 

こちらがお客様のお墓です。ずいぶんと前に建立されたそうですが、そう感じさせない、とても綺麗に管理をされていることがうかがえます。

 

お客様にお見積りの際に「遺骨の取出しをしてほしい」というご依頼をいただいていましたので、お骨を取り出す部分の確認をしたところ、水鉢の部分だということが分かりました。

お見積りをお送りし、ご依頼をいただきました。納骨室を開けて確認をしたところ、お客様が”納骨されていると思う仏様”と、実際にご納骨されていたお骨壺の数と仏様のお名前が一致していました。その後、朝倉市への「改葬許可手続き」のお手伝いもいたしました。

 

閉眼供養当日のお写真です。供養の前にきちんと清掃をし、お花やお供え物等、準備をいたしました。法要には、山口県からお客様とご親戚様がお越しいただくことになっております。

 

和尚様に閉眼供養の読経をしていただいている様子です。(朝倉にご存知のお寺様がないということでしたので、当店でご紹介させていただきました。)

その後、遺骨を取出して一旦お預かりし、当店でお骨壺を綺麗にした後、お客様へ郵送いたしました。

 

001お墓じまいが完了しました!

お墓じまいは「更地」にしますので、土の状態まで戻すことがほとんどですが、今回のお客様のお墓は市(朝倉市)が管理している墓地のため、返還をするにあたり「どのような形でお還しするのが良いでしょうか」という確認をしたところ「草が生えないよう、基礎を残すか、砂利などで雑草対策をされてください」ということでしたので、このように基礎が残っている状態となっています。

お客様には「肩の荷が下りました。お参りに頻繁に来ることもできず、とても気になっていましたので、無事に住まいの近くに移動させることができて安心しました。手続きのことなど不明な点が多かったので、お手伝いしていただけて本当に助かりました。ありがとうございました。」と、お声をいただきました。

また、後日、わざわざお中元を送ってくださったりと、大変お世話になりました!(いただいたお菓子は社内スタッフで美味しくいただきました。本当にありがとうございました!)

お墓をきちんとお掃除され、管理されているお客様だからこそ、お墓が遠方にあり、頻繁にお参りできないことを申し訳なく思っているようでした。同じように、遠方にお住まいで「お参りが難しい」と、改葬やお墓じまいをお考えの方の中には、「どこから手をつけたら良いのやら・・・」とお悩みの方も多いと思います。 博多の森石材店では、実際の改葬やお墓じまいの作業だけでなく、そういった不安の多い手続き等も、作業完了までがスムーズに進むようお手伝いをさせていただきます。 ぜひお気軽にご相談ください^^