ご覧をいただきありがとうございます。博多の森石材店の寺田公平です。篠栗極楽霊苑にて、百合の花彫刻が美しい、インドM10黒御影を使用した洋型墓石が完成しました。その様子をご紹介いたします!

 

【お墓の完成写真】

お客様は、お寺様の墓地にすでにたくさんのご先祖様が入っていらっしゃるお墓をお持ちで、今回、住まいの近くにお墓のお引っ越しをしたいとお考えでした。「このあたりの墓地が良いかな」と、いくつかお考えだった中から、お住まいから近い篠栗極楽霊苑に、お墓を改葬することになりました。

当店のホームページをご覧になり、「どのくらいの費用でお墓を建てることができますか?」というお問合せをいただき、ご依頼いただくことになりました。

霊苑を見学されている中で、インドM10黒御影を使用しているお墓を見て「こんな色のお墓がいいです」というご希望と、「シンプルですっきりとした洋型のお墓にしたいです」というご要望を頂きました。 何度も打ち合わせを行い、早速お墓の施工に取り掛かりました。

 

こちらがお客様のお持ちの区画です。霊苑には区画により、「和型のみ建立可能」な場所もあります。お客様は洋型のお墓をご希望でしたので、墓石の形の自由な区画を選ばれました。

 

お墓の基礎工事、耐震施工を経て、お墓が完成しました! インド産のM10という黒御影ですが、真っ黒な中にも細やかな模様がある石です。黒御影系には金箔の文字を入れることで、とても華やかに、美しい仕上がりになりました。

 

花立て部分は百合の花をエアブラシ仕上げしたものです。 通常石を彫った上に単色で色を塗って仕上げることが多いですが、こちらの彫刻はエアブラシを使用し、色の濃い部分や薄い部分など、グラデーションが出るようになっております。このエアブラシを使用した施工は当店ではなく、専門の業者さんにお願いして行います。耐久性にも優れており、鮮やかな色が長持ちします。

 

納骨室の扉部分は家紋を彫刻しています。家紋も金箔を入れて、綺麗な仕上がりとなりました。

 

お墓の全体的なバランスをとれるよう、通常よりも少し背の低い墓誌になっております。その分横幅をとり、十分にお名前を彫刻するスペースがとれるようにしました。墓誌にも金箔が施され、棹石や家紋と調和のとれるデザインになっております。

 

こちらは手荷物を置けるように設置しました。「シンプルですっきりとしたお墓」をご希望でしたので、圧迫感がないよう、入り口部分を大胆に丸く、柱は半円柱に加工しました。また、お参りする際にお体が当たることもあると思いますので、このデザインでしたら、当たっても痛くありません!

 

納骨室の左右と背面に、オレンジ色の丸で印がつけてあるような空気穴を取り付けております。こちらは当店のオリジナルのデザインで、ステンレスの穴の上に石のカバーが付けてあります。ステンレス部分の劣化を防ぐ他、見た目のデザイン性もグッと上がります。

また、納骨室を支える天井部分の板も丸みを帯びた加工をしてあります。竿石や手荷物置きの部分、そしてこの天井部分の板が丸みを帯びていることで、全体的に柔らかく、優しい雰囲気となります。

 

納骨式前のお写真です。納骨扉が開き、法要の準備もされています。当店からもお花をプレゼントさせていただきました。(手荷物置きの上にあるお花です^^)

お客様には「予算をオーバーすることなく仕上げてくださって感謝しています。 お墓の石の色やデザイン、花立ての百合の彫刻など、限られた予算の中でもいろんな提案をしてもらえて助かりました。ありがとうございました!」とお喜びいただきました。お客様のご要望にそのまま応える形でご提案すると、だいたい予算をオーバーしていることが多いです。限られた予算の中で、いかにご満足いただけるお墓をおつくりすることができるのか、常に考えております。

今回のお墓づくりで活躍した百合の花彫刻は、単色で色が入っている彫刻よりも更にオリジナリティのあるお墓に仕上がります。耐久性もあり、とても良い加工ですので、たくさんのお客様に知っていただき、ご希望いただければ良いなぁと思っております。

今後も皆様のお墓づくりをしっかりとサポートできますよう、よい技術をどんどん取り入れ、ご提案をしてきたいと思います!