もともと大牟田にお墓をお持ちの5~60代のご夫妻様からのご依頼です。福岡市内のご自宅から大牟田のお墓までが遠く、不便を感じていらっしゃいました。そこで、大牟田のお墓のお墓じまいと、お住まいから近い霊苑をお探しで、「霊園探しから一緒に手伝ってくれる石材店を・・・」と、インターネットで石材店を探していたところ、当店を見つけてくださり、お電話くださいました。雰囲気が洋風であること、お好きなデザインでのお墓の建立が可能なこと、ご予算のことも含め、一番理想に合っていらっしゃったため、ささぐり極楽霊苑でお墓を建てることになりました。ささぐり極楽霊苑は、福岡エリアで人気の霊苑です!

お墓の建立の際、お客様の1番のご要望は「石にこだわりたい」ということでした。さまざまな霊園やお墓のお写真をインターネットや現地でご覧になりながら、強くそう思われたそうです。 中でも、見た目の色や吸水率、耐久性などを見て、「インド産のアーバングレイ」を使用したお墓にしたいというご要望をいただきました。

また、信仰されている浄土真宗のお言葉である「倶會一處」という文字をお墓の正面に彫刻したいというご希望もいただきました。

お客様がえらばれた、オシャレに整備された「欄エリア」です。

 

ささぐり極楽霊苑様の欄エリアは、事前にしっかりとした基礎工事が行われていました。お隣の区画との間には石貼りがあり、ゆったりとしています。

 

ステンレスのL字金具はもちろん、壁石と根石のズレを防ぐために、根石からステンレスの耐震棒を通し、耐震施工もバッチリです。 ボンドは、柔軟性のあるものと、がっちりと固定することができるボンドの2種類を併用しています。

 

こちらは納骨室の中です。中心に見えるのが納骨する際にお骨壺が乗る棚です。写真上部にある穴は、換気穴です。写真には写っていませんが、同じ穴が左右にも開いています。 換気穴があることで、朝晩の気温差がある季節でも、納骨室内の結露をかなり防ぐことができます。

 

最後に墓石部分を据え付けしていきます。耐震ボンドを使用して、お墓の一番上の棹石部分を据え付けますが、耐震棒をお写真のように突き刺し(埋め込み)、更に強度を高めて倒壊を防ぎます。

 

お墓が完成しました! お客様のご希望のインド産アーバングレイを使用しています。

 

扉のお花は、奥様が「扉にこのお花のデザインを彫刻してほしいです」と、お持ちくださいました。 扉に左右対称に彫刻しました。

 

先ほどお写真でお見せした納骨室の換気穴部分は、通常でしたら換気ステンレスがむき出しになるものが多いですが、デザイン的に気にされる方も多くいらっしゃいます。そこで、当店では、当店オリジナルの石のカバーを換気ステンレスにお付けすることができます。 このカバーをつけることで、耐久性もさらに上がります。

 

安全を兼ねた滑り止めデザインです。こちらのデザインは、お墓の設計を考えていく中で、お客様と何度も話し合いながら、最終的にはこのようなスタイリッシュなデザインになりました。

 

ご主人様には「希望通りの、思い描いた通りのお墓ができて良かったです! 石の種類だけでなく、正面の文字や踏み石のデザインも、とっても気に入りました。何度も図面を調整してくださってありがとうございました!」とお喜びいただきました。奥様には「私が一番こだわりたかったお花の彫刻が、お墓の全体的な雰囲気とも合っていて良かったです。」と、お喜びいただきました。

今回は大牟田のお墓じまいのご相談も合わせていただきましたので、私どもで大牟田の墓地までお伺いし、お墓じまいの作業もさせていただきました。 お墓じまい、お墓の建立と、限られたご予算の中でしたが、どちらもスムーズに進んで私どもも安心いたしました。また、お墓の建立の最中に、ご主人様の転勤が決まり単身赴任されるなど、とてもお忙しい中、何度も打ち合わせをさせていただき、ありがとうございました。 今後も、追加の彫刻やご納骨のお手伝いをはじめ、細やかなお困り事やご相談事にも、ご対応させていただきます。 いつでもご連絡ください^^

「お墓を建てる」ということは、人生に一度あるかないかの出来事ですので、不安や疑問をお持ちの方がほとんどなのではないでしょうか。 博多の森石材店では、お客様のご要望をしっかりとお伺いし、理想のお墓となりますよう、今後もしっかりと、みなさまのお手伝いさせていただきます!