いつもありがとうございます。博多の森・平尾石材店の寺田公平です。お元気でお過ごしでしょうか?
さて、今月の新聞が完成いたしました。よろしければ、どうぞご覧をくださいませ。

PDF版はこちらです >

 

2024年5月号

新緑が目にまぶしく、風薫る季節になりました。いかがお過ごしでしょうか。さて先日、人生で2度目のお伊勢さまに御詣りすることができました!
所属している石材の会で初めてお詣りをさせていただいたのが10年ほど前のこと。隣県での仕事に合わせて、再び御詣りに行く機会を得ました。当日は少し曇ってはいましたが、半袖の方もいるくらいの陽気。五十鈴川(写真)で手を清め、気持ちよく御詣りをさせていただきました。帰りには伊勢名物の赤福餅も味わいました♪ お伊勢さまはとても清々しい空気に満ちていて、元気をたくさんいただくことが出来ました!!

知っていますか?5月の記念日

5月1日は「スズランの日」です

フランスではこの日、家族や愛する人、親しい友人などにスズランの花を贈る習慣があり、贈られた人には幸福が訪れると言われています。もともとは1561年のこの日に、国王シャルル9世がスズランの花をプレゼントされ、それ以降、毎年宮廷の女性達へスズランの花を贈るようになったことが始まりなのだそうです。

お墓・仏事のミニ知識

「享年」「行年」「没年」とは? 何が違うの?

墓石や墓誌に、「享年」・「行年」と亡くなった時の年齢が彫られていることは多いと思います。両者には実はそれほど明確な違いはありませんが、「享年」の「享」には「うける」「うけとめる」という意味があり、「享年」は天から享けた年月のこと。「行年」はこの世に生まれて何歳まで生きたか、仏教で言えば修行を積んだ年数のことを言います。一方、「没年」は没年月日を指す場合と、亡くなった時の年齢のどちらの意味もあります。それぞれ厳密な使い分けはありませんが、どちらを使えばよいか迷った時は、先祖のお墓や位牌を参考にしたり、宗教者の方に相談したりするとよいですね。

仏事のクイズQ&A

知っているようで知らない仏事のことや言葉の意味をクイズで確かめてみましょう。

現代のお墓で、文字を彫刻する際に用いられる一般的な方法は次のうちどれでしょう?


1) ウォータージェット加工

2)テフロン加工

3)サンドブラスト加工

ヒント:高圧のエア(空気)と砂のような粒子を石の表面に吹き付けて削る方法です。

※答えはページ一番下です。

見つけられるかな?まちがいさがし

2つの絵に間違いが3個あります。探してみましょう。

※答えはページ一番下です。

 

今月号も、最後までご覧をいただきまして、誠にありがとうございました。(博多の森・平尾石材店 寺田公平)

 


※仏事クイズの答え: ③
※まちがいさがしの答え:1)熊のカブトの向き、2)「金」の大きさ、3)金太郎の髪型

 

平尾石材店 ホームページはこちら >

バックナンバー

2024年4月号
2024年3月号